2008ドラの会クリスマス会 ドラの会クリスマス会は定員に達しました。
2008ドラの会クリスマス会 自由が丘・フランス料理店「プティ・マルシェ」さんで恒例のドラの会クリスマス会を開催いたします。
石島オーナーシェフは地元に愛されて27年マダムの温かなおもてなしもうれしい家庭的なフレンチのお店です。
美味しいお料理とグラスを片手に吉田サンタさんとのクリスマスソングも楽しみです。
南川さんと一緒に愉しいひとときをおすごしください。

2008ドラの会クリスマス会
日時:2008年12月13日(土)正午〜
会場:自由が丘・フランス料理「プティ・マルシェ」http://petitmarche.cool.ne.jp/index.html
申込み:定員に達しましたので受付終了させていただきます。


Millionaire Asia Japan vol.2 Autumn2008 Culture 特集世界遺産 熊野古道「巡礼の道」−大辺路−
http://www.millionaireasia.co.jp/ 「Millionaire Asia Japan」会員向けの媒体です。
Millionaire Asia Japan vol.2 Autumn2008 Culture 特集世界遺産 熊野古道「巡礼の道」−大辺路− 大辺路は、田辺から那智勝浦を結ぶ古くからの熊野詣での海辺の道。眩しく輝く自然林の尾根道を歩けば途上には厳しい峠道があり、富田坂、仏坂、長井坂などがありが独自の魅力で知られている。風光明媚なこれらの峠道は、近代以降の市街化や道路開発を免れ旧状がよく保たれている。
その昔、その風光を文人墨客が絶賛し、数々の紀行文を残した大辺路。海と自然林に彩られたのどかな道がつづく。

写真展はおかげさまで好評にて会期終了いたしました
展覧会/世界遺産巡礼の道をゆく写真展・写真集を取り上げていただきましたメディアリスト(新聞、雑誌、TV)です。
−おかげさまで好評にて会期終了いたしました−
「日・欧巡礼の道」展 日本編・熊野古道 銀座・和光ホール 2007年12月15日〜25日
「日・欧巡礼の道」展 欧州編・カミーノ・デ・サンティアゴ 東京ミッドタウン・FUJIFILM SQUARE 2007年12月28日〜2008年1月30日
南川三治郎写真展−熊野古道 巡礼の道− 三重県パラミタミュージアム 2008年1月2日〜2008年1月31日
「日・欧巡礼の道」展 日本編・熊野古道 東京ミッドタウン・FUJIFILMSQUARE 2008年6月6日〜30日
世界遺産巡礼の道をゆく 熊野古道/カミーノ・デ・サンティアゴ 玉川大学教育博物館2008年4月14日〜7月13日

ドラの会秋のワイン会
ドラの会秋のワイン会 好評の秋のワイン会、今回も自由が丘・日本料理「美好」にて開催いたします。
五月女料理長の秋の彩と旬の味わいを感じながら、南川さんがブルゴーニュワインを中心にワインをセレクト。
ワインを片手に次回の熊野古道の旅計画など会員の方々との交流を深めながら愉しむ ワイン会です。ふるってご参加ください。

★2009年春のドラの会熊野古道の旅は「熊野三山をめぐる旅」と題して熊野那智大社、熊野速玉大社、熊野本宮大社を訪ねる2泊3日の”神々に出逢う旅”を予定しております。詳細が決まり次第ご案内をUPいたします。

ドラの会 秋のワイン会
日時:2008年10月10日(金)19時〜
会場:自由が丘・日本料理「美好」http://gourmet.gyao.jp/ld_10147/
申込み:ドラの会会員のみとさせていただきます。


日本サムスン季刊誌「いい人に会う」vol.10
日本サムスン季刊誌「いい人に会う」vol.10 南川さんのインタビュー ”写真家南川三治郎の大仕事「アトリエは芸術家の秘密工房」”が掲載されました。

第42回造本装幀コンクール「出版文化国際交流会賞」入賞
世界遺産巡礼の道をゆく カミーノ・デ・サンティアゴ 東京国際ブックフェア2008の第42回造本装幀コンクール(日本書籍出版協会・日本印刷産業連合会主催)において“世界遺産巡礼の道をゆく カミーノ・デ・サンティアゴ”が「出版文化国際交流会賞」に入賞いたしました。
第35回同コンクールで経済産業大臣賞に入賞した「ヴェルサイユ宮殿」につづく2度目の入賞となります。
出版元:玉川大学出版部  装幀者:長友啓典、三田村邦亮 印刷・製本会社:オカムラ印刷(株)

富士フイルムウェブ写真美術館 南川三治郎の”カミーノ・デ・サンティアゴ”作品が「富士フイルムウェブ美術館」において公開。
(公開されている作品はご購入いただけます。)
富士フイルム独自の高度な技術による高品質な銀塩写真プリントにサイズをはじめフレームやマットも自由に選べる特注品です。長期間に渡ってお使いいただけます。
写真をもっと生活に近いところで活かしたい・・・
「富士フイルムウェブ美術館」へ是非一度、訪れてみてください。
http://www.fujifilmmuseum.com/pro_artist/artist/list/?id=68

NHK文化センター青山教室 写真でつづる欧州カルチャー紀行 −印象派の旅(1)− 講師 南川三治郎
NHK文化センター青山教室 写真でつづる欧州カルチャー紀行 −印象派の旅(1)− 講師 南川三治郎 "印象派の"絵画の大きな特徴は、光の動き、変化の質感をいかに表現するか。
それまでの絵画と比べて明るくカラフルになり、画家たちは好んで屋外に出かけて描いたことも特徴です。
南川さんがモネ、セザンヌ、ゴッホ、ルノワールの足跡を辿って撮影した写真をもとに、印象派・ポスト印象派の画家の創作の秘密をお話します。レンズを通した印象派の光の風景は長年ヨーロッパを舞台に撮影を続けてきた南川さんならではの写真です。まずはモネの庭へ、ゴッホの旅へ。

NHK文化センター青山教室
写真でつづる欧州カルチャー紀行 −印象派の旅(1)− 講師 南川三治郎

曜日・時間 第4水曜日 10:30〜12:00
10/22、11/26 モネが愛した庭へ 12/24、1/28、2/25 炎の人ゴッホの旅へ
受講料:(会員)15,225円 (一般)17,850円
問合せ:03-3475-1151 http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_449252.html


駱駝 2008年8〜9月号 「世界遺産の旅」 800kmを40日間で歩く、人生を見つめ直す再生の旅へ 巡礼の道 カミーノ・デ・サンティアゴ エルサレム、ローマ(バチカン)に並ぶ、キリスト教三大聖地のひとつ、サンティアゴ・デ・コンポステーラ。 813年にこの地で、キリストの十二使徒のひとり聖ヤコブの墓が発見され、巡礼が始まった。 1993年、「サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼の道」として世界遺産に登録された。日本の「熊野古道」と並ぶ、世界でふたつしかない「道としての世界遺産」である。

「日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会」が誕生しました。
このほど日本で巡礼希望者に情報を提供する「日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会」が誕生しました。
南川さんは友の会の賛同者のひとりです。友の会HPはhttp://camino-de-santiago.jp/です。 最新の情報発信をはじめ、巡礼経験者の交流する場や会員同士の情報交換なども今後予定されています。

Millionaire Asia Japan 創刊号 Vol.1 Summer 2008culture 特集世界遺産 熊野古道「巡礼の道」ー伊勢路ー
http://www.millionaireasia.co.jp/ 「Millionaire Asia Japan」会員向けの媒体です。
Millionaire Asia Japan 創刊号 Vol.1 Summer 2008 日本の”聖域”熊野三山、吉野・大峰・高野山の霊場と参詣道は古代より日本の”気”が色濃く残る聖地。 霊場をつなぐ古道は、自然と信仰が紡ぐ「再生の地」。古来、天皇から庶民に至るまで、日本人にとって憧憬のなどはなく世界の人々から注目を浴びている。熊野古道は世界でふたつしかない「道」の世界遺産のひとつである。

グローバル特選企画 南川さんと行く「金色に輝くフィレンツェ、ラヴェンナ、ヴェネチア紀行」
2008年9月4日(木)発(成田発)8日間 http://www.gyb.co.jp/08a/VDOR.html
企画協力;ドラの会 協賛;イタリア政府観光局 旅行企・実施;株式会社グローバルユースビューロー −催行決定いたしました−
グローバル特選企画 南川さんと行く「金色に輝くフィレンツェ、ラヴェンナ、ヴェネチア紀行」 南川さんとヨーロッパを旅する特選企画第3弾です。
これまでに家庭画報の取材などで何度も訪れたフィレンツェ。街全体が”屋根のない美術館”とさえ称され輝かしいルネサンス芸術が大輪の花を咲かせる芸術都市です。今回は「ヴァザーリの回廊」を特別に見学します。
またビザンチンの残照を追って長年にわたり南川さんが取材をした「イコンの道」。その中でもラヴェンナはダンテも魅せられた美しきモザイク美術の宝庫です。ビザンチン美術が最も豊かに見られる町でもあり、ラヴェンナのモザイクの共通した特徴は、動物や小鳥、野に咲く花々などを巧みにあしらったところ、色彩の鮮やかさは時のたつのを忘れるほどです。
そして「水の都」「ゴンドラの行き交う運河の街」としてあまりにも有名なヴェネチア。街のシンボルともいうべきサン・マルコ大聖堂を見学します。
もちろんイタリアといえば美味しいワインにお料理も楽しみです。南川さんと一緒に素敵なイタリアの旅をお過ごしください。

お申込み・お問合わせ 株式会社グローバルユースビューロー  http://www.gyb.co.jp/index.html
TEL 03-3505-0055  フリーダイヤル 無料 0120-0120-00(関東以外の方)


「日・欧巡礼の道」展 日本編/熊野古道 写真・南川三治郎−終了いたしました−
「日・欧巡礼の道」展 日本編/熊野古道 写真・南川三治郎
主な出品作品はこちら
今年1月に東京ミッドタウン・FUJIFILM SQUAREギャラリー「PHOTO IS」にて開催されました「日・欧巡礼の道」欧州編/カミーノ・デ・サンティアゴは多くの皆様から好評をいただきました。このたび日本編として「日・欧巡礼の道」日本編/熊野古道写真展を開催いたします。

「日・欧巡礼の道」展 日本編/熊野古道 写真・南川三治郎
会期 2008年6月6日(金)〜6月30日(月)11:00〜20:00
入場料 無料
会場 FUJIFILM SQUAREギャラリー「PHOTO IS」
http://fujifilmsquare.jp/


2008年度企画展 世界遺産 巡礼の道をゆく 写真 南川三治郎  
http://www.tamagawa.jp/research/museum/info.html
2008年度企画展 世界遺産 巡礼の道をゆく 写真 南川三治郎 このたび玉川大学教育博物館に於きまして「世界遺産 巡礼の道をゆく」写真展を開催します。 それと併せまして南川三治郎による講演会が行われます。

「世界遺産 巡礼の道をゆく」講演会
「熊野古道」 4月19日(土)13:30〜14:30
「カミーノ・デ・サンティアゴ」 6月7日(土)13:30〜14:30
会場 玉川学園中学年校舎講堂
参加費 無料
お問い合わせ 玉川大学教育博物館 TEL 042-739-8656


NHK文化センター青山教室 世界遺産・巡礼の道(2)日本編 熊野古道を行く 講師 南川三治郎 
NHK文化センター青山教室 世界遺産・巡礼の道(2)日本編 熊野古道を行く 講師 南川三治郎 緑濃い山々、苔むす坂道や石畳。紀伊の山々に護られた霊場と参詣道には、神道、仏教、修験道など、さまざまな祈りの姿がおおらかに受け継がれています。21世紀の今日もなお、紀伊の霊場と巡礼の道に私たちが心惹かれるのはなぜでしょう。3年の歳月をかけて撮影した写真と共に、古道の魅力を探ります。

NHK文化センター青山教室
世界遺産・巡礼の道(2)日本編 熊野古道を行く 講師 南川三治郎

第4水曜10:30〜12:00
2008年4月23日から4回(4月〜7月)
会員12,180円 一般14,280円
お問い合わせ http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_449252.html TEL 03-3475-1151


ドラの会熊野古道の旅・第2弾「春の高野山を旅する」 −定員になりました。受付終了いたします−
ドラの会熊野古道の旅・第2弾「春の高野山を旅する」 昨年のドラの会は桜吹雪が舞う中を皆さんとご一緒した春、吉野山の山桜を堪能しましたね。
熊野古道の旅・第2弾といたしまして今年は高野山を訪ねたいと思います。
高野山は標高1000m。和歌山県の北部、峰を越えれば奈良県、山を下り紀ノ川を越えると大阪府に望む聖地です。弘法大師空海によって、弟子の育成のため深山幽谷の地に開かれた真言密教修行の大道場です。
南川さんと一緒に春の清々しい空気の中を歩き宿坊でゆったりとこころの安らぎを感じていただければと存じます。

ドラの会熊野古道の旅・第2弾「春の高野山を旅する」
日程 2008年4月26日(土)27日(日)1泊2日 (詳細は事務局まで問合せください)
お申込み ドラの会事務局 峯島朋子  pon☆sun-studio.com(☆を@に変えてご返信下さい)


家庭画報3月号 美の先駆者、マリ−・アントワネット「王妃が愛した意匠」
家庭画報3月号 美の先駆者、マリ−・アントワネット「王妃が愛した意匠」 http://www.kateigaho.com/
マリー・アントワネットは、フランス革命で悲劇的な最後を遂げたことで有名ですがトレンド作りの名人であったことも忘れてはなりません。この特集では、調度品やファッションに至るまで自分好みを反映させた彼女のこだわりの強さと「王妃のように」という流行語までなったスターが創り上げた様式美を紹介します。

BRIO3月号 光文社 BRIO3月号 光文社 
http://www.kobunsha.com/shelf/magazine/current?seriesid=103002
特集−胸踊る書斎を持とう−のなかで、海外推理作家の創作の現場から「書斎は人なり」のページでロアルド・ダール、エド・マクベイン他推理作家の書斎が掲載されました。

BRIO3月号 光文社 駱駝2月〜3月号 小学館  
http://www.e-rakuda.jp
「夢を叶えるオーダーメイド海外旅行術」の特集で昨年のドラの会ツアー「ブルゴ−ニュ・ワイン美食紀行」が掲載されました。ちなみに南川さんと旅する2008年ドラの会ツアーは9月にイタリア「ヴェニス、ラヴェンナ、フィレンツェ美術紀行」(仮題)を計画中です。今回もグローバルユースビューローさんにアレンジをお願いしております。詳細は追ってUPいたします。

南川三治郎新刊のお知らせ 南川三治郎 写真集「世界遺産巡礼の道をゆく
南川三治郎新刊のお知らせ 南川三治郎 写真集「世界遺産巡礼の道をゆく 南川三治郎 写真集「世界遺産巡礼の道をゆく」 
玉川大学出版部発行
[日本編]熊野古道 Road of Sanctuary 3,045円(税込)
[欧州編]カミーノ・デ・サンティアゴ Camino de Santiago de Compostela 3,045円(税込)

敬虔かつ崇高な、東西の巡礼路。南川三治郎の鋭いカメラ・アイと柔軟な感性により撮影した、迫力ある写真集。

NHK文化センター青山教室 世界遺産・巡礼の道(1)スペイン編−カミーノ・デ・サンティアゴを行く
NHK文化センター青山教室 世界遺産・巡礼の道(1)スペイン編−カミーノ・デ・サンティアゴを行く 巡礼の道”カミーノ・デ・サンティアゴ”には今も人々の心温まるふれあいがあります。美しい風景や巡礼者たちの姿などをスライドをご覧いただきながら”星降る道”を歩いてみましょう。

NHK文化センター青山教室
世界遺産・巡礼の道(1)スペイン編−カミーノ・デ・サンティアゴを行く

第4水曜 10:30〜12:00
2008年1月23日から3回(1月〜3月)
会員9,135円 一般10,716円
問い合わせ http://www.nhk-cul.co.jp Tel:03−3475−1151


家庭画報 1月新年号 聖なる地は国境を超える 巡礼−熊野古道 −講師 南川三治郎
家庭画報 1月新年号 聖なる地は国境を超える 巡礼−熊野古道 −講師 南川三治郎 2004年熊野古道は世界遺産に登録された。すでに登録済みのヨーロッパの「巡礼道」を撮影した写真家が、3年の時をかけて記録した日本の”道”。古代から自然と信仰心をつなぐと崇められた「再生の地」を往く人々の純粋な希求の心には、東西の違いなど無関係ではないだろうか。
 
copyright / Sanjiro Minamikawa