logo
南川三治郎とはだれか

南川三治郎(1945年三重県生まれ)は東京とパリを拠点に活躍する写真家です。大宅壮一の薫陶を受けた南川は、明確なテーマをもって対象に切り込むジャーナリストの視点、柔軟な歴史感覚、そしてアーティストの感性を備えた写真家として知られています。

これまでも東方キリスト教会の聖画イコンにヨーロッパの霊魂を追った『イコンの道』、ダリ、シャガールから現代美術作家にいたるまでアーティストをアトリエに訪ねて創造の秘密を解き明かした『アトリエの巨匠』など、私たちが見ることのできない世界を視覚化してきました。また独特の味わいのある文章は多くのファンをもっています。その南川三治郎が1999年の春から2年にわたってヴェルサイユ宮殿に取り組んできました。

イコンの道
イコンの道』より

アトリエの巨匠
アトリエの巨匠・100人』より
南川三治郎とは誰か ヴェルサイユ宮殿について
テーマ 南川三治郎のことば 主な出品作品 展覧会概要
index

2001 Sanjiro Minamikawa