ARMAN アルマン ARMAN
(フランス 1928〜)
時計、人形、アイロン、電話等、どこにでもあるドメスティックな廃品を寄せ集めたアルマンの廃物芸術。不思議にも彼の手にかかると、使いすてられた量産品の集積が独自の審美感をもち、近作になるほどその傾向はますます強まっている。彼のスクラップ・アートは、複製品にとりかこまれた今日の環境とその日常生活への風変りな愛の唄でもある。イヴ・クライン、セザール等と共に20世半ばの西欧で発生したヌーボー・レアリスムの主要メンバー、そしてダダイスト・デュシャンの徒だ。



アトリエの巨匠・100人より掲載
back.gif next.gif

index.gif