CASSIGNEUL ジャン=ピエール・カシニュール Jean-Pierre CASSIGNEUL
(フランス 1935〜)
女性の風俗画を得意とし、センシティヴでファッショナブルな画面を作り、淡いトーンをソフトに使って描くジャン=ピエール・カシニュールの女性像は、甘く秘められた、どこか淋しげな叙情をたたえた妖しい魅力を持つ女性。ベル・エポックに出てくるような、その華やかな色彩と官能美が眩しい。

 私の描く女性たちこそは、まさに味わおうとしていた悦びを私に与えてくれるのです。そんな彼女を探し出すこと、探していた風景を手に入れるために旅立つのです。



アトリエの巨匠・100人より掲載
back.gif next.gif

index.gif