Marc CHAGALL シャガール Marc CHAGALL
(ロシア 1887〜1985)

シャガールはスーチン、モディリアニ等と共に、20世紀前半のエコール・ド・パリを代表する画家。印象派やフォーヴィズム、表現派の影響を受け、それを自家薬籠化しながら故国ロシアへの限りない愛慕をノスタルジックに終生描きつづけた。馬や花嫁や思い出の人物・風景が空に舞いただよう、柔らかいカラーの幻想画は宗教的でもあり、彼の暖かくナイーブな世界は多くの者に愛された。



アトリエの巨匠・100人より掲載
back.gif next.gif

index.gif