Sam FRANCIS サム・フランシス Sam FRANCIS
(アメリカ1923〜1994)

サム・フランシスの一様な絵の具の層におおわれたオール・オーバー絵画は、'40〜'50年代アメリカ型美術のアクション・ペインティング(抽象表現派)とカラーフィールド・ペインティング(色面派)の両方に関わりながら、流動的な独特の色彩空間をもつ。 鮮やかな色彩の流動的な面のひろがりや、絵の具の飛沫などで、絵の具と余白の白は互いに相補って、絶えず動のうちにある宇宙の大気、その清と動の永遠循環運動を映し出すのだ。情感的で多彩華麗だが、東洋の気の芸術に通じるものがある。



アトリエの巨匠・100人より掲載
back.gif next.gif

index.gif