Bernard BUFFET ベルナール・ビュッフェ Bernard BUFFET
(フランス1928〜)

荒涼とした描線による悲劇的雰囲気を画面に漂わすベルナール・ビュッフェ。"キリストの受難""サーカス""ジャンヌダルク""ダンテの地獄編"などを次々と発表。第二次大戦後の荒廃した心象、孤絶感を表現主義的に描き、一時期世界中の美術市場で新しい具象画の旗手として脚光をあびた。

冷たく鋭く、ダイナミックに走る黒の縦線でうめつくされた向こう側に、彼独特の風景画・室内画・人物画は、疎外された人間状況を強い感傷で訴える。'48年頃から'50年代初期が彼の絶頂期だった。



アトリエの巨匠・100人より掲載
back.gif next.gif

index.gif