HUNDERTWASSER フンデルトヴァッサー HUNDERTWASSER
(オーストリア1928〜)

クリムトやシーレの様式"ウイーン分離派(世紀末芸術の別称)や技法の影響をもとに、原色を使った強烈な色彩と大胆な装飾による独自の画法を打ち立て"渦巻は生と死の象徴である"と公言して独特の芸術哲学を展開しているウイーン幻想派の1人フンデルトヴァッサー。'50年代半ばからはフロイト的な迷宮性を終わりのない渦巻モチーフで描き始め、分裂症的な深層心理を装飾性の中へみごとに昇華させた。彼の絵にはまた、プリミティブ絵画の要素もある。

最近は建築にも興味を示し、T定規を使わないフリーハンドの線を生かしたカラフルな色彩感覚の建物を手がけている。



アトリエの巨匠・100人より掲載
back.gif next.gif

index.gif