Red GROOMS レッド・グルームス Red GROOMS
(アメリカ1937〜)

大都会の風景やその中に生活する人間たち、野球場、ビル街やダウンタウンの雑沓を、丸ごと巨大な建造設置彫刻(インスタレーション)にしてしまうレッド・グルームス。しかも揺れ動き、歯をむきだした大騒動の頂点を極彩色の誇大表現で・・・。

退屈な毎日を絶えず祭化し、遊び空間にせずにおれない。彼はそんな子供っぽい欲望を根づよく持ち続けたピーターパン作家であり、その哄笑と諷刺に見る方もつい巻きこまれてしまうのだ。'57年頃からニューヨークで活動を開始。彼の個展「ラッカス(大騒動)・マンハッタン」のラッカスは、彼の全アートにぴったりである。



アトリエの巨匠・100人より掲載
back.gif next.gif

index.gif