Paula Gosling ポ−ラ・ゴズリング Paula Gosling
(1939〜)
真夜中に殺人事件の夢を見たことがきっかけでミステリー小説を書くようになったという,アメリカ生まれの女流ポーラ・ゴズリング。小さいときからの推理小説フアンで,母のロンドン転勤について'64年に憧れのアガサ・クリスティーが住むイギリスに移住した。 ポ−ラは'78年に発表した処女作『逃げるアヒル』でいきなり英国推理作家協会最優秀新人賞を受賞。颯爽とデヴューーし,以後まるで猫の目のように一作ごとに作風を変えて意欲的に佳作を生み出している。彼女は現在ロンドンから西に車で約2時間のバースの街を遥か見下ろす高台に建つ,西洋長屋の一角に 20年前から住んでいる。太めながら愛嬌のある微笑を浮かべて料理について語るポ−ラ,お料理の腕前は玄人はだし,同じものを二度食べるのが厭で,料理本と首っ引きで新しいレシピーを考案する。

back.gif next.gif

index.gif