icon
イコンの道とは
ビザンチンの残照を訪ねて、地中海から北海への道をたどって

ヨ−ロッパ、ロシアの美術の源をたずねると、中世キリスト教美術にあることはすでに知られている。それを更にさかのぼると、イタリア、フランス、スペイン、ドイツその他のヨ−ロッパの国々そしてロシアで発展した中世絵画の画像の原点は、ビザンチン(東ロ−マ帝国AD330 ~ 1453年)の文化遺産であるイコンにたどりつくのである。
現存する最古のイコンは、近年エジプトのシナイ山で発見された6世紀のものといわれているが、イコンはもっと昔から、エジプトのキリスト教徒(コプト人)などを中心に広まっていたのではないだろうか。

イコンは奇跡的な起源をもつ聖なる画像として発生し、神秘的なお護りとしての効力を持つために、その原型をできる限り忠実に写すことが教会から要求され、時代や地域の差はあっても基本的には図像を勝手にかえることのできない性格のものであった。
当時の文盲の人々には、イコンが言葉や国境を超越した絵解きの聖書の意味を持っていた。そして、時代の移り変りにつれて原理は同じでもスタイルは様々に変化していった。ロマネスクの壁画,ゴシックのステンドグラスなどは、ビザンチンのイコンが中世紀絵画の図像として発展したものといえる。

今日もなおイコンが、キリスト教側から見ての異教徒または無神論者をも含めて、見る人の心をつよく打つのは、まず何といっても、イコンの中にキリスト教の宗教理論、心霊的存在を心眼に映し、神秘的な内面の美を純粋に象徴的に凝縮して描こうとした画家たちのその人間技としての極限までの内面的追求の結晶を、そこに感じるからではないだろうか。
また、宗教に関係なく我々の共感をさそうのは、古い時代のイコンにより多く感じられる抽象的ともいえる図像の面白さ、輝きの滲み出るような色彩の美しさ、表情の豊かさに、最も現代的な感覚とあい通じるものがあるからではないだろうか。それはイコンが仏教における曼陀羅にも似て、美しい図像と神秘的なタントラの世界を彷彿とさせるからであり、人々の関心を集めているのも当然といえる。

私は東方教会において崇敬されている聖像画すなわちイコンの伝播と変遷をギリシャのアトス山をはじめ、エジプトのシナイ山、聖都.コンスタンチノープル、ブルガリア.リラの僧院、ル−マニア.スチャ−バの教会堂壁画、モスクワの北方に点在する黄金の環などの地に訪ね、そこに今なお信仰している人々の生の姿とそれぞれの美術館のコレクション、営々と息ずく寺院などをヴィジュアルにとらえ、イコンがたどった足跡を探ったものである。そして、地中海に生まれてバルカン半島を北上、キエフでロシア正教に変り、モスクワを経てサンクト.ペテルスブルク、すなわち北海に通ずる南北の道−“イコンの道”−を立体的かつ鳥瞰図的にとらえたものである。
グラフィックに展開する煌びやかで神々しい魅惑のイコンの世界は,宗教を越えて華かな美の世界に誘い、このうえない幸福感を与えることが出来ると私は信じてやまない.

back.gif next.gif