真っ白い黴 真っ白い黴
撮影地:ボーヌ;フランス
樽のなかで2年 ~ 3年熟成されたワインは、さらに瓶詰めをして熟成させる。カーヴはときとして湿度90%のところもあり、そんなところにはカビが密生して生えやすい。というのも、ワインの瓶はコルクで栓がされ、そのコルクの栓を通して呼吸をしている。カビはワインが生きているという証しでもある。

back next

index